/

この記事は会員限定です

千趣会、通販不振でリストラ

社長退任へ 出資の婚礼会社、内紛も懸案

[有料会員限定]

経営不振が続くカタログ通販大手、千趣会は抜本的なリストラに乗り出す。希望退職の募集や大阪市の本社を売却するほか、業績不振を受け星野裕幸社長(58)が退任する。26日に発表する。ただ成長分野である婚礼事業の出資先、ワタベウェディングにおいてMBO(経営陣が参加する買収)を巡る内部対立が発生しており、再建に向けた足かせになる可能性も残る。

千趣会は「ベルメゾン」ブランドで展開するカタログ通販大手だが、最近はインターネット通販...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り931文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン