/

この記事は会員限定です

地域で「共食」食生活改善

住民同士で囲む食卓 ネット活用、初対面でも

[有料会員限定]

地域の空きスペースなどを使い、シニア層ら住民同士が食卓を囲む動きが広がってきた。1人で食べる「孤食」が増える中、食事を共にすることは、栄養バランスを改善する効果などが知られる。インターネットで食事相手を探すサービスも普及し、世代を超えた交流にもつながっている。

5日、東京都大田区の小暮一美さん(74)が地元商店街の食堂に入ると「久しぶり」と明るい声に迎えられた。商店街の空き店舗を改造した「元気かあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1102文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン