/

この記事は会員限定です

中国でニセ展覧会 草間さんら、法的手続き検討

[有料会員限定]

世界的に有名な現代芸術家の草間弥生さんと村上隆さんをかたった偽の展覧会が中国で開かれ、多数の贋作(がんさく)が展示された疑いのあることが分かった。両者ともに「著作権侵害や中国の法律違反に当たる」として、企画した会社に対し刑事告訴などの法的手続きを検討している。中国では日本企業などの知的財産権が侵害されるケースが後を絶たず、対策が急務となっている。

草間さんの代理人を務める小野寺良文弁護士によると、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り476文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン