中国リスクに目覚めた投資家

2018/10/24付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

23日の米株式相場はダウ工業株30種平均が一時500ドルを超える下げに見舞われたが、取引終了時にかけて買い戻しが入り、下げ渋った。1日の値幅は約540ドルと大きく振れ、相場の不安定さを反映した。

日中の相場の急落を先導したのが、7~9月期決算を発表した建機大手のキャタピラーだ。株価は一時、前日比10%下落した。

同社の純利益は前年同期比63%増の17億ドルと、3四半期連続で過去最高益となった。特…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]