/

この記事は会員限定です

少子高齢化対策に軸足

首相所信表明 政策実現、丁寧な議論を

[有料会員限定]

安倍晋三首相は24日の所信表明演説で、最大で3年となる残り任期へ決意を表明し、少子高齢化対策に経済政策の軸足を置く考えを示す。外交では対北朝鮮・ロシアをにらみ「戦後外交の総決算」を誓う。自らが掲げた内政・外交の諸課題で「レガシー(政治的功績)」を残すには、世論や国会の声に耳を傾ける謙虚な姿勢がカギになる。(1面参照

首相は次の総裁選への不出馬を明言しており、最後の3年となる公算が大きい。「強い日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り740文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン