/

この記事は会員限定です

がん攻撃 分子働き解明

徳島大教授ら、治療応用に期待

[有料会員限定]

徳島大の岡崎拓教授らは、体に備わった免疫の仕組みを使ってがんを治療する際のカギとなる分子「LAG-3」の働きを突き止めた。2018年のノーベル生理学・医学賞を受賞する京都大学の本庶佑特別教授らが見つけたPD-1と似た働きがあり、がん治療などへの応用が期待される。英科学誌ネイチャー・イムノロジーに23日発表する。

がん細胞の多くは免疫細胞による攻撃力を弱める働きがある。これを邪魔すれば、免疫細胞の攻...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り250文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン