白川前総裁「大規模緩和は長続きせず」 退任後初の会見

2018/10/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

白川方明・日銀前総裁は22日、日本記者クラブで会見し、大規模な金融緩和の効果について「だんだん需要がなくなってくるので、長続きしない」と述べた。異次元の金融緩和の出口に関しては「財政の持続可能性に取り組むことが最大の出口政策だ」と指摘。金利上昇への対策を念頭に、政府の財政健全化の取り組みとの協調が重要だとの認識を示した。

2013年3月の総裁退任後、白川氏が記者会見に臨むのは初めて。同氏は総裁時…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]