/

この記事は会員限定です

奈良・黒塚古墳 最新の研究報告書

[有料会員限定]

邪馬台国の女王、卑弥呼が魏から贈られた鏡との説がある三角縁神獣鏡が33面も出土した奈良県天理市の黒塚古墳(国史跡)の発掘調査から約20年。墳丘や出土遺物に関する最新の研究成果をまとめた「黒塚古墳の研究」(奈良県立橿原考古学研究所編、八木書店刊)がこのほど刊行された。

黒塚古墳は全長約130メートルの前方後円墳。1997~99年の発掘で竪穴式石室がほぼ未盗掘の状態で見つかり、木棺と共に銅鏡、鉄製武具...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り335文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン