/

この記事は会員限定です

研究分野の新陳代謝促す

財務省、若手の処遇改善提言へ

[有料会員限定]

財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は24日、2019年度の予算案の編成に向け、科学技術予算のあり方を議論する。世界をリードする優れた科学技術をうみ出すため、新分野への転換や新陳代謝を促す仕組みなどが議題になる。財務省は大学の人事・給与システムを見直し、若手教員の処遇を改善すべきだと提言する。

日本の高等教育機関の研究開発費は208億ドル。主要国では米国の675億ドル、ドイツの213億ドルに次ぐ高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り295文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン