/

この記事は会員限定です

サウジ資金、活用に懸念

米新興勢 最大の調達先

[有料会員限定]

サウジアラビアの著名記者の殺害疑惑が、米シリコンバレー企業への投資に影響を与えそうだ。サウジは米国の新興企業にとって最大の資金供給源になっており、その中心人物の一人がムハンマド皇太子だ。投資先にサウジマネーを敬遠する動きが広がれば、ベンチャー投資の資金の流れが変わる可能性がある。

ライドシェア大手のウーバーテクノロジーズはサウジ政府系のパブリック・インベストメント・ファンド(PIF)から35億ドル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り698文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン