/

この記事は会員限定です

企業、社会貢献の理念示せ 世界最大資産運用会社に聞く

利益持続の要に 対話増やし共有

[有料会員限定]

世界最大の資産運用会社、米ブラックロックのラリー・フィンク会長が日本経済新聞社の取材に応じ「企業は従業員や顧客、社会に賛同・理解される経営理念を示す必要がある」と述べた。社会の発展や課題の解決に寄与できなければ、利益は持続しないとの考え方を企業と共有するため、対話の人員を倍増する。企業の持続可能性を見定めるため、ESG(環境・社会・ガバナンス)の分析力を高めていることも明らかにした。(聞き手は編...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1501文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン