賃料下落・シェアオフィス台頭 環境変化に対応、課題

2018/10/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

各社が海外で積極的に投資する背景には世界的に堅調な不動産需要がある。金融緩和であふれたマネーが流れ込み、主要都市で賃料が上昇。不動産サービス大手の米JLLによると、オフィスなど投資用不動産への世界の投資額は2018年1~6月に前年同期比で13%増えた。投資が多い都市はロンドン、ニューヨークなどだ。

だが環境は変わりつつある。米国では利上げ局面で、賃料は下がり始めた。

JLLによればニューヨークは…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]