2018年11月17日(土)

ポジション金、くすぶる先高観
リスク回避で本格上昇も サウジ情勢緊迫も影響

2018/10/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

金相場に先高観が広がっている。直近の買い材料は米長期金利の上昇に伴う世界的な株安だ。投機筋は持続的な米国の利上げを見込み、大幅に売り越している。米中貿易戦争による世界景気の変調で株安傾向が強まれば買い戻しにつながる。サウジアラビアと米国の関係も緊迫。中央銀行などが既に現物を買い始めた。リスク回避の動きが広がれば本格的な上昇局面に入る可能性がある。

国際指標のニューヨーク金先物は1トロイオンス12…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報