/

この記事は会員限定です

旧校舎、IoTなど研究拠点に マキノハラボ代表 福代孝良さん

人呼び込む事業を模索

[有料会員限定]

南米のアマゾンや宇宙をフィールドにしてきた研究者が、新たな挑戦の場に選んだのは故郷にある閉校した小学校だ。マキノハラボ(牧之原市)の福代孝良代表(42)は、牧之原市の旧片浜小学校をまちづくりや教育の拠点として再生させることに取り組んでいる。

マキノハラボが市から旧校舎を借り受けて運営する「カタショー・ワンラボ」には、20日に「子育て支援センター」と「だれでも未来クラブ」がオープンする。支援センター...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り984文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン