機械部品にもIoTの波 THKやドコモ、故障予知サービス

2018/10/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

あらゆるものがネットにつながるIoTの波が、生産現場で使われる機械の要素部品にも広がってきた。18日、THK、NTTドコモ、シスコシステムズの3社は機械部品からデータを取得し故障予知などにつなげる新サービスを始めると発表した。機器やソフトを購入すれば既存の設備に後付けできる手軽さを武器に、競争が激化するIoTサービスの中で存在感を示す。

新サービスの名称は「オムニエッジ」で2019年春の商用化を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]