アルゼンチン、インフレ率40.5%に 9月 通貨安続き上昇

2018/10/18付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【サンパウロ=外山尚之】アルゼンチン政府は17日、9月の消費者物価上昇率が前年同月比40.5%だったと発表した。9月は国際通貨基金(IMF)の支援や金融政策を巡る不透明感から通貨安が続いたため、輸入物価の上昇で食品や燃料費が高騰した。

物価上昇率が40%を超えるのは約2年半ぶりで、8月から6.1ポイント上昇した。米国の利上げやトルコショックをきっかけに通貨安が進み、物価上昇…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]