ASEANが旗振り 域内26都市、計画を具体化

2018/10/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東南アジアでは、域内の各都市に共通する交通渋滞や環境問題などの解決に向け、東南アジア諸国連合(ASEAN)全体で取り組む枠組みが立ち上がった。11月にシンガポールで開く首脳会議までに各都市の具体的な計画固めをめざす。

7月、今年のASEAN議長国であるシンガポールの旗振りで「ASEANスマートシティー・ネットワーク」が始動した。域内加盟国内の計26都市が参加し、2025年までに都市をスマート化す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]