/

合成DNA薬、治療効果20倍

埼玉大・東大、最適な形に設計

[有料会員限定]

埼玉大学の斎藤伸吾教授と東京大学の吉本敬太郎准教授らは、人工的に合成したDNAを使う治療薬で、治療の効果を高める新しい技術を開発した。病気の原因となる細胞表面の受容体(たんぱく質)などに結合する強さを調べ、DNAを最適な形に設計する。従来に比べて約20倍効果が高かった。新しい治療薬の開発手法として実用化を目指す。

新技術は、人工的に合成した「DNAアプタマー」と呼ばれる物質で病気を治療する方法に活...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン