2019年1月17日(木)

インフル薬 変わる勢力図
塩野義「ゾフルーザ」、タミフルに肉薄 自社開発で利益確保

2018/10/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

流行期が近づくインフルエンザの治療薬の勢力図が一変しそうだ。1回の服用で治療できる塩野義製薬の新薬「ゾフルーザ」が本格投入され、中外製薬の「タミフル」を抜く可能性が高まる。ゾフルーザは今秋には米国でも承認される見通しで、年間売上高1000億円以上の「ブロックバスター(大型新薬)」入りも見えてきた。新薬の種を社外に求める動きが潮流となるなか、自社開発を貫く「逆張り」戦略が実を結びつつある。

塩野義…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報