津波試算「信頼性ないと」 東電旧経営陣が証言 福島第1事故、地裁公判

2018/10/16付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

福島第1原子力発電所事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力旧経営陣3人の公判が16日、東京地裁(永渕健一裁判長)であり、被告人質問が始まった。争点は巨大津波の襲来を予見し、有効な対策を取ることができたかどうか。事故前の社内での津波対策の検討状況などについて、詳細がどこまで明らかになるか注目される。

この日、証言台に立ったのは、武藤栄元副社長(68)。冒頭、弁護側から事故への思いを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]