/

この記事は会員限定です

為替条項 くすぶる火種

米、日本との物品協定交渉巡り ドル高に募る焦り

[有料会員限定]

【ヌサドゥア(バリ島)=河浪武史】ムニューシン米財務長官が13日、日本との物品貿易協定(TAG)交渉で、通貨切り下げを封じる為替条項の導入を求める考えを明らかにした。日本側は9月の日米首脳会談で為替は議論にならなかったと説明してきたが、為替問題を突破口に貿易赤字の解消につなげる本音が改めて浮き彫りになった。足元で進むドル高相場への米当局の焦燥感も背景にありそうだ。(1面参照)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1226文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン