2019年8月25日(日)

インテル株覆う2つの影
CPUに逆風・微細化も遅れ 日本企業に影響も

2018/10/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

半導体の盟主、米インテルの先行きに暗雲が漂い始めている。主力の半導体は競合するエヌビディアなどとの競争が激化。量産分野でも微細化競争で後れをとっているとされ、株価はさえない。同社の浮沈は日本企業への影響も大きく、関係者は固唾をのんでいる。

「インテルが抱える製造面での課題は大半の人が考えるよりも深刻になり得る」。ゴールドマン・サックス証券は8月、インテル株を売り推奨し始めた。昨年末に比べ、株価は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。