/

この記事は会員限定です

配車・相乗り 新興勢続々

ジャパンタクシー、アプリで7万台 アジット、自家用車を活用

[有料会員限定]

スタートアップ企業が移動手段をサービスとして提供する「MaaS(マース)」に参入している。日本交通などが出資するジャパンタクシー(東京・千代田)は配車アプリで呼び出せる車両台数が業界全体の約3割に到達。タクシーの相乗りや規制に抵触しない自家用車の配車のサービスも生まれた。トヨタ自動車ソフトバンクグループの提携でも話題を呼んだMaaS。「所有から共有」の流れに乗り若い企業も移動のあり方を変えよう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1205文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン