/

この記事は会員限定です

深海底で生息 メタン菌内の反応解明

海洋機構など、温暖化抑制に一役

[有料会員限定]

海洋研究開発機構の高野淑識主任研究員を中心とする日独の共同研究グループは、酸素が無い深海底でメタンを食べて生きている微生物「メタン酸化菌」内の化学反応を解明した。この菌は実験室で培養できず、どのようにメタンを活用しているのか不明だった。メタンから栄養となるアミノ酸を作る経路などが分かったという。

高野主任研究員らはメタンに富む水が大量に湧き出ている黒海の海底に着目。ドイツの調査船を使ってメタン酸化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り354文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン