/

この記事は会員限定です

FRB、国債保有を圧縮 米金利上昇の一因に

[有料会員限定]

【ニューヨーク=大塚節雄】世界同時株安の震源である米長期金利の上昇の背景には、景気の回復に伴って米連邦準備理事会(FRB)の危機対応の金融政策が出口に向かっていることがある。(1面参照

過去の量的緩和で市場への資金供給や金利低下のために米国債を大量に買い込んだが、昨年10月から出口の最終作業として国債保有を減らし始めた。FRBの購入が減るという需給要因によって債券相場が不安定になり、長期金利が上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り907文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン