2018年10月19日(金)

「空飛ぶトラック」商用化 ヤマト、積載450キロ 20年代半ばに

2018/10/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ヤマトホールディングス(HD)は米社と共同で無人輸送機=写真はイメージ=開発に乗り出す。最大450キログラムの荷物を時速約160キロメートルで運べる「空飛ぶトラック」で、空中衝突回避など政府の法整備をにらみながら2020年代半ばまでに商用化する。深刻な人手不足に直面する物流業界で技術面で課題克服を目指す動きが本格化する。

米ヘリコプター製造大手のベル・ヘリコプターと共同開発することで基本合意した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報