/

この記事は会員限定です

福岡空港の民営化、協調融資で後押し

政投銀やみずほ銀、1700億円

[有料会員限定]

日本政策投資銀行とみずほ銀行は、来年4月の民営化で福岡空港の運営を担う企業連合に約1700億円の協調融資をまとめた。公共施設の運営権を民間企業に委ねる「コンセッション」向けの融資で、関西国際空港と大阪国際(伊丹)空港に次ぐ国内最大級。12の金融機関が参加する予定で、民営化が円滑に進むよう銀行団も後押しする。

国が所有・管理している福岡空港の運営は、来年4月から民間の企業連合に移る。三菱商事西日本鉄道九州電力などが立ち上げた「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り438文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン