/

この記事は会員限定です

バイオ医薬届け脳治療

微小カプセル使い効果高く 日大や東大が新技術

[有料会員限定]

病気の原因たんぱく質や遺伝子に働きかける抗体や核酸などの「バイオ医薬品」を脳に運んで治療する研究が加速している。日本大学は脳腫瘍に核酸を届ける技術を開発。東京大学は脳が必要な栄養を取り込む仕組みを利用し薬を届ける。いずれも動物実験で効果を確かめた。既存薬は病気の進行を抑える程度だが、新技術は高い治療効果を期待できるという。

脳の血管には、細菌や有害物質の侵入を防ぐ「血液脳関門」と呼ぶバリアーがあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り799文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン