/

この記事は会員限定です

特許庁、大学の特許取得を支援

専門家派遣 ゲノム技術で研究会も

[有料会員限定]

特許庁は大学の特許取得を促す新しい仕組みをつくる。国際的に注目されている分野の技術などに詳しい専門家による支援チームを10月中に立ち上げ、複数の大学に派遣する。ゲノム関連など特定の分野の研究会も発足し、大学関係者や関係省庁との情報交換を強化する。大きな事業に育つ可能性のある新技術の特許取得につなげ、大学の国際競争力を高める。

日本の大学では有望な基本技術を開発しても、特許申請が後手に回りがちな点を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り215文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン