/

この記事は会員限定です

キャッシュレス化、地震で課題露呈

店の現金削減、釣り銭不足に

[有料会員限定]

大規模停電につながった9月の北海道地震が、キャッシュレス化の議論に波紋を投げかけている。クレジットカードや電子マネーの使用比率が高い一部の店舗で混乱が生じたためだ。地震国の日本で、どこまでキャッシュレス化を進めるべきか。今後、論争に発展する可能性もありそうだ。

「お釣りがもうすぐ底を突いてしまう。どうすればよいのか」。地震の翌日、9月7日の昼すぎ。札幌市にあるコープさっぽろのLucy(ルーシー)店...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り992文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン