2018年12月13日(木)

「最新鋭」豊洲市場が始動 2年遅れで移転

2018/10/11付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

東京都の豊洲市場(東京・江東)が11日開場し、鮮魚や青果の取引などが始まった。小池百合子知事による移転延期表明などで2年遅れとなったが、「首都圏の台所」としての機能は旧築地市場(同・中央)から豊洲に引き継がれた。移転方針から20年弱。日本最大級の新たな中核市場が動き出した。(関連記事を社会2面に

豊洲市場の水産卸売場棟では午前5時半から、マグロの初セリが実施された。鐘の音とともに、築地時代と変…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報