2018年10月22日(月)

「3割自己負担」高齢者拡大なら…現役世代の保険料上がる? 医療費巡り健保連が指摘

2018/10/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

厚生労働省は10日、75歳以上の後期高齢者の医療費をめぐる負担見直しに向けた議論を始めた。焦点の一つは、現役世代と同じ3割を自己負担する「現役並み所得」の対象範囲の拡大だ。「現役並み」の人を増やせば、通常は1割の後期高齢者の自己負担が3割になる人が増えて財政健全化につながるが、「現役世代の負担も重くなる」との指摘も出ている。

医療費の分野で「現役並み」の基準は夫婦世帯で年間収入520万円以上。こ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報