2018年12月14日(金)

世界の原発投資45%減 昨年、5年ぶり低水準 再エネシフトが影響

2018/10/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

世界の原子力発電投資が落ち込んでいる。国際エネルギー機関(IEA)によると、2017年の世界の原発投資は16年比45%減の170億ドル(約1兆9200億円)と、東日本大震災直後の12年以来、5年ぶりの低水準。安全対策費がかさんで価格競争力が低下した。一方、再生可能エネルギーからの電力を流す送配電網の投資が膨らんでいる。

17年の世界全体のエネルギー投資は前年比2%減の1兆8000億ドルだった。石…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報