2018年10月22日(月)

パンをもっちり 「ゆめあかり」で
愛知県開発の小麦、官民が売り込み 地産地消も促進

2018/10/11付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

愛知県が十数年かけて開発した小麦の独自品種、「ゆめあかり」の売り込みを官民が強めている。もっちり感を出せる品種として地元の製粉会社がパン業界にアピール、県は学校給食への採用を働きかける。県は全国7位の小麦産地だが、うどんなど和麺向けが大半。パン向けの需要を掘り起こして県内での作付けを定着させ、地産地消の促進も目指す。

7月下旬、東京都で開かれた菓子やパン関連の展示会。愛知県の製粉3社が参加し、ゆ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報