/

この記事は会員限定です

富士薬品 製薬企業がドラッグストア 顧客の声生かし信頼得る

[有料会員限定]

ドラッグストア「セイムス」などを展開する富士薬品(さいたま市)は、置き薬(配置薬)とドラッグストアの販売チャネルに加え、医薬品の製造や研究も手がける業界内でもユニークな「複合型医薬品企業」だ。顧客の声を店作りや医薬品製造に生かせるのが特徴で、2018年3月期の連結売上高は3767億円と過去最高を記録した。

1930年に富山市で配置薬販売事業を始め、54年に現在のさいたま市に本拠を移し法人化した。配...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り640文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン