世の中の仕組み「実践」から知る

2018/10/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大学がキャンパス外での活動に関心を寄せるのは、世の中の仕組みやルールを知る生きた教材になるからだ。

立命館大は滋賀県近江八幡市をテーマに「理想のまちづくり計画」に参加。「『答え』のない課題に対し、他者と協力しながら計画を実行できる学生を養成したい」と活動の意義を強調する。

津田塾大も「キャンパスの中では体験できない貴重な経験を財産に、卒業後、新しい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]