/

この記事は会員限定です

外国人社員が力を発揮するには

一橋大学大学院教授(経営学) クリスティーナ・アメージャン

[有料会員限定]

外国人を新卒採用する日本企業が増えている。だが、せっかく採用しても、入社数年で退職する例が後を絶たない。就職情報大手マイナビの2017年調査では、採用した外国人留学生が、5年未満に退職したと回答した企業は47.8%に上った。

私は一橋大学で経営学などを教える傍ら、三菱重工業など日本企業3社の社外取締役を務めている。今までに留学生や卒業生ら300人を超える外国人と本音で語りあってきた。最近は、幅広い業種の経営...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り930文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン