/

この記事は会員限定です

築地のネズミ 街に散る?

11日から解体工事 近隣、不安の声

[有料会員限定]

築地市場(東京・中央)は6日の閉場後、11日から解体工事が始まる。1935年の開業当時の面影を残す古い建物など、2020年2月までの工期で155棟が対象。解体時の課題となるのが、長年市場にすみ着いてきたネズミ対策だ。外に逃げ出さないよう、都などは封じ込めに躍起だが、近隣の商店や住民からは不安の声が上がっている。(総合2面参照

鮮魚の切れ端などのエサが豊富で、身を潜める排水溝などのある築地市場はド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り584文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン