トヨタ変革 孫氏が起爆剤
ソフトバンクと移動「新領域」 主役死守へ決断

2018/10/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

トヨタ自動車とソフトバンクグループが次世代の移動サービスで提携した。車は人工知能(AI)や高速通信で大量のデータとつながり、自動運転や共用(シェア)などの革命が起きつつある。世界販売1000万台で首位を競うトヨタでさえ、「主役」で居続けられる保証はない。移動サービスへの転換を迫られる中、異業種のソフトバンクの経営資源を活用するとともに刺激を受け、自己変革を促す。

「本当かと2回思った」。4日の記…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]