/

この記事は会員限定です

がん免疫薬、効力向上へ

ノーベル賞・本庶氏の成果拡大 千葉大など、新たな標的分子特定

[有料会員限定]

体内に備わる免疫の力を利用してがんをたたく「がん免疫薬」で、標的となる分子を探索する研究が加速している。京都大学の本庶佑特別教授らが免疫のブレーキ役となる分子を突き止めてノーベル生理学・医学賞の受賞が決まったが、まだ見つかっていない標的分子は多い。新たに特定できれば既存薬「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)を上回る治療効果のある免疫薬ができるかもしれない。一部の大学は動物実験でがんの増殖や転移を抑え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1153文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン