/

この記事は会員限定です

李明博元大統領 懲役15年

ソウル地裁、判決横領や収賄認定

[有料会員限定]

【ソウル=鈴木壮太郎】実質的に所有する企業からの横領や財閥からの収賄罪などに問われていた韓国の李明博(イ・ミョンバク)元大統領の判決公判が5日、ソウル中央地裁であり、同地裁は懲役15年、罰金130億ウォン(約13億円)を言い渡した。

韓国では朴槿恵(パク・クネ)前大統領が8月の二審判決で懲役25年、罰金200億ウォンを宣告されている。革新系の文在寅(ムン・ジェイン)政権の発足後、2人の保守系大統領...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り642文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン