外国人の受け入れ拡大、菅氏「家族帯同認めず」 条件付し移民政策と一線

2018/10/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

菅義偉官房長官は5日、BSテレ東の新番組「NIKKEI 日曜サロン」の収録で、外国人の受け入れ拡大を巡り家族の帯同は認めないとの方針を明らかにした。政府は2019年4月から新たな就労資格を創設し、単純労働も含めた受け入れを認める予定。秋の臨時国会に提出する関連法案にこうした方針を盛り込む。

菅氏は受け入れの拡大について「移民ではない」と説明した。(1)在留期間を最長5年とする(2)家族の帯同を認…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]