/

この記事は会員限定です

〈法トーク〉データ保護 高まるニーズ

弁理士 市川ルミ氏

[有料会員限定]

2019年7月施行の改正弁理士法などで、データの利活用や標準化に関する業務の一部も弁理士が手掛けられるようになる。市川ルミ弁理士は「従来の営業秘密に加え、データ保護に関する相談にも弁理士が応じられれば企業の利便性は高まる」と話す。企業の知的財産戦略や事業戦略に一層深く関わるようになると見込まれるだけに、「弁理士の能力向上も急務」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り165文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン