/

この記事は会員限定です

2020改正債権法(11)敷金の規定整備

返還時期・範囲を明文化

[有料会員限定]

土地や建物などの賃貸借は身近な契約のひとつだ。アパートの退去時の敷金返還や原状回復を巡るトラブルを耳にすることも多いだろう。実は現行の民法(債権法)にそれらの規定がなく、積み重なった判例の考え方で解決を図ってきた。改正債権法はこれらを明文化し、紛争の解決指針となるルールを盛り込んだ。

目玉は敷金に関する規定を新設したことだ。改正債権法は敷金について、滞納に備えて賃料などを担保する目的で賃借人が賃...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り648文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン