はれのひ元社長、融資金詐取認める 初公判で

2018/10/5付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

成人の日に晴れ着トラブルを起こした振り袖販売・レンタル業の「はれのひ」(横浜市、破産)を巡る融資金詐取事件で、詐欺罪に問われた同社元社長、篠崎洋一郎被告(56)の初公判が5日、横浜地裁(渡辺英敬裁判長)で開かれた。篠崎被告は「間違いありません」と述べ、起訴内容を全面的に認めた。

検察は冒頭陳述で、「2015年9月期決算書を銀行に提出したところ融資を断られたため、売り上げや商品在庫の水増しなどを担…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]