2019年1月22日(火)

在職年金見直しの動き

2018/10/5付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

シニアの就業意欲を阻害する要因に、在職老齢年金がある。企業などに勤めるシニアは賃金と年金受給額の合計が一定水準(60~64歳で月28万円、65歳以上で月46万円)を超えると、年金支給額が減る。

働いた分の収入がそのまま増えない"働き損"を避けようと、就業を抑制するシニアもいる。内閣府は、この制度がなければフルタイム勤務に就くシニアが14万人増えると試算する。

在職老齢年金は60歳以降の賃金制度を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

定年「65歳」波及へ やる気どう維持[有料会員限定]

2018/10/5付

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報