2018年10月18日(木)

APEC台湾代表に張氏 TSMC創業者 蔡政権、存在感狙う

2018/10/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【台北=伊原健作】台湾の総統府は3日、11月にパプアニューギニアで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の代表に、台湾積体電路製造(TSMC)の創業者、張忠謀(モリス・チャン)氏(87)を起用すると発表した。張氏は半導体の産業構造を一変させたカリスマ経営者。知的財産権や貿易摩擦といった今回のテーマに精通した産業界の大物の出席となり、会議で注目を集めそうだ。

「大国が自国第一で本国生…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報