/

この記事は会員限定です

東商取、天然ゴム新銘柄を上場 中国・東南アの利用促す

先物、タイヤ各社は静観

[有料会員限定]

東京商品取引所は9日、自動車タイヤなどに使う天然ゴムの新銘柄を上場する。中国や東南アジアのトレーダーや投資家の先物取引を促す狙いだ。ただ、現物の調達量が多い日本の自動車タイヤメーカーは静観の構え。十分な流動性を確保できるかは見通せない。

東商取で天然ゴムは金、原油、白金に次ぐ売買高があり、2017年は全体の9%を占めた。現在は手作業で生成する「RSS」と呼ぶ銘柄を上場している。

新たに上場するのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り551文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン