2019年5月25日(土)

監査 AI生かす
粉飾兆候見抜く/会計士の負担減 リアルタイム監視の時代に データ標準化急務

2018/10/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

相次ぐ会計不祥事を受け、監査法人が人工知能(AI)を監査の現場で活用する動きが広がっている。粉飾などの不正会計の兆候を見抜くツールとして使ったり、公認会計士の負担を減らす業務支援に使ったりする例もある。ただ、AIが監査に根付くには企業が使う会計伝票や総勘定元帳、契約文書など監査の対象となるデータの標準化などが前提となる。インフラ整備が急務だ。

(シニア・エディター 木ノ内敏久)

日本の四大監査法人…

「監査チームの形変わる」[有料会員限定]

2018/10/8付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報