/

この記事は会員限定です

相続で土地分割、節税になる?

評価額低下、売却時は損 税理士 木下勇人さん

[有料会員限定]

父が亡くなり、二次相続について考えている母が専門家から、自宅の土地を「旗竿地」(はたざおち)に分割する提案を受けたそうです。将来、私と弟が負担する予定の相続税を節税できるといいますが、どのような仕組みなのでしょうか。

間口が狭く、細長い敷地が道路に接する土地のことを旗竿地と呼びます。上から見ると細長い部分が「竿」、奥の宅地の部分が「旗」のような形をしているのが由来です。相続税は路線価を基準に決め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り561文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン